簡単でお得!これを食べれば、便秘なんて楽勝!!

スッキリしない便秘の辛さ、痛いほどわかります。便秘は辛いだけではなく、健康に悪影響を与えることもあり、できることなら1日でも早い便秘の解消を望む方がおおいのではないでしょうか?

では、解消法にはどのようなものがあるのでしょうか?

便通や腸内環境に直結するものとして、まず何よりも大事なものをやはり”食事”だと思います。仕事が忙しかったり、一人暮らしだったりでコンビニ弁当やインスタント食品、揚げ物などのお惣菜等で簡単に済ませてしまったりが多くなり、日々の食生活に気を配ることを忘れがちになります。ただ、そこを見直し、改善を図ることで、辛い便秘を解消できる可能性があるとすれば、やはり健康のためにも毎日の食事からまず改善を図りましょう。

では、便秘に良いとされている食べ物として、食物繊維・乳酸菌が多く含まれているものがベターということは良く聞くと思いますが、できれば安く、簡単に毎日の食生活に取り入れやすいものは、果たしてどのようなものがあるでしょうか?

まず、お勧めなのが、納豆。 納豆は、3パック100円もしないですし、心がけ次第で毎日簡単に摂る事ができる食べ物だと思います。納豆には、食物繊維が多く含まれているのはもちろんですが、納豆菌が腸内環境を整える働きもし、便秘解消に大変効果が高いと言われています。

次に、お勧めなのがバナナ+ヨーグルト。やはり簡単でお安く作れますし、食後のデザート的に毎日に取り入れやすい食べ物のように思います。バナナの食物繊維と、ヨーグルトの乳酸菌が腸内環境の改善を助け、便秘の解消に大変活躍すると言われています。

やはり少しづつでも、日々の食生活を見直し、できることかやっていくことがまず大事なのだと思います。今回の紹介したものであれば、無理に大きく食生活を変えること無く日々に取り入れることが可能ですし、経済的にもお安くできる解消法なので、ぜひ上記2つの食べ物を摂る習慣を作ることからはじめてみませんか? 便秘サプリ おすすめ

シェアハウスのようなマンションへ小さな引越し

結婚して家庭を持った今、きままな一人暮らしをしていた学生の頃が懐かしいなと思いだすことがあります。私の一人暮らし経験はちょっと変わっています。初めは今でいうシェアハウスのようなマンションに住んでいたのですが、学校から遠かったため、なかなか他の借り手が見つからず結局、同じ物件に1人で1年近く住んでいたのです。

幸い、大家さんは家賃をあげることもせず、私は一人分の家賃で1年間過ごすことができました。 それまでずっと親元にいて分からない事だらけの私にとっては一人暮らしは新しい発見の連続でした。ゴミ出し、公共料金の支払い、マンションの他の住民とのお付き合いなど。それまで親が盾になっていてくれていたことすべてを自分でしなくてはならなくなったからです。

実家暮らしと違って、ゴミを出し忘れた、洗濯をし忘れたなど自分自身が動かなければ、一人暮らしでは何一つ物事は進んでくれません。授業とアルバイトでくたくたになって帰って来て、朝、捨てられなかったゴミを見ると、悲しくなることもありました。 そんな私も、半年を過ぎたころから徐々に生活のペースがつかめるようになり、時間を有効に使うことができるようになってきました。夜間や週末の電気代が安い時間に洗濯機を回す、その間に洗濯や料理などの家事を並行して行うなど、生活にムダがなくなりました。

なにより一人暮らしをして、光熱費を自分で支払うようになってから電気や水道をムダ使いすることがなくなりました。 大学を卒業したあとは実家に帰ったのですが、親も「テキパキと家事をするようになって、以前とは見違えるほど成長した。」と喜んでいたほどです。今も主婦となって仕事と家事を上手に両立できているのはあの頃の自分があったからだと自負しています。

業者を利用しないで自分たちで引越し

今まで住んでいたマンションから引越しをしました。当時はまだこどももいなかったので、 2人分の引越しだったので、そんなに手間暇かからないだろうと踏んでいました。 引越し業者さんの見積もりを取得しましたが、意外と高値だったので、 自分たちで行おうということになりました。

今まで住んでいたマンションはワンルームで暮らしていたので、 普通のカップルよりは荷物が少なかったと思います。 そのため、きっと自分たちの手でできるだろうと踏んでいました。

引越しの当日はわたしの弟や主人の義父さんが手伝いに来てくれました。 チェストやベッドなどの大物があったので、男の人の応援はとても助かりました。 また、義父の軽トラックを借りることができたので、 そう何往復もしないでマンションから一戸建て住宅の引越しを完了することができました。 最近の引越しは引越し業者さんを利用するのが通常のようです。 しかし、自分たちで行うことができたことがちょっとした自慢でもあります。

それでも、自分たちので引越しを行うのはやはり大変でした。 もし、今度引越しを行うときがあったら業者さんにお願いしたいものです。

トラックのレンタカーで機材の運搬

レンタカーを借りて、ドライブと思いきや、ストリート機材をつんで人口の多い街へ移動。ということで、レンタカーは、結構かりるが、乗用車じゃなくバンや、軽バンをいつも借りる。 レンタカーの車種は、いつも違う車種だが、飽き症の僕には最適。そして使用するたびクラス(階級)が上がっていくので安くなる為バンドマンの僕には、ありがたい話。

というわけで今日も朝レンタカーを借りて、機材をつんで、機材を下し機材のセッティング。ドラムを組み立て、スピカーやミキサーに配線を繋げ天気を気にしながら(笑)楽器を磨く、そして音を出す。 アンプからメンバーの音が流れるメンバーの音がうまく合っているのか、気持ちよく組み合わさっているか?確認、確認。うまく合わさったかな?と思ったらお客さんの前で演奏、みんなが1つに楽しいひと時、僕の生きがいやっぱりバンド最高。

ということで今日もレンタカーとメンバーとお客さんみんなが合わさり最高の思い出ができた。ありがとうみんな。軽バンお疲れ様。そして機材をつんでレンタカー屋さんに返す。従業員さん返しに来たよー。ありがとうまた、よろしくー。